にきびの発症因子

にきびの発症因子についてお教えしたいと思います。

 

 

にきびの発症因子は3つあるといわれています。

 

 

とりあえず、にきびの発症因子の一つ目としては皮脂腺が大きく肥大したことによって起きるといわれています。

 

 

さらに、にきびの発症因子の二つ目は毛穴の中に日常的に点在している近年のプロピオニバクテリウムアクネスと呼ばれる菌がいるのですが自体が原因とも言われ手います。

 

 

このにきび菌が成長するのに適した条項になっているといわれています。

 

 

そしてにきびの発症因子の三つの因子としては、毛穴の開口部が固まって角質を固めてしまうという作用がにきびを発症させるといわれています。

 

 

にきびができているといわれていてはだがターンオーバーが進まないおかげでに角質がたまりやすい肌になっているのではないので、こちらの部位を間違えないようにいなければいけないと思います。にきびが出来ているから新陳代謝が出来ています。

 

ニキビニキビと食生活の関係は?のトップページに戻る