飲酒とにきびの関係

にきびと飲酒についてですが、にきびが出来やすいピークの時期というのは、思春期のにきびに悩む人にとっては、飲酒は関係ない話だと思います。

 

 

だけど、思春期をすぎて20歳をすぎてもにきびに悩む人というと、お酒にはにきびの元になっているといわれています。

 

 

自体によって、皮脂が生き生きになってしまいます。するとにきびが出来やすくなるというわけです。

 

 

よく社会人の人でも、飲み会が続いたりすると、にきびが出来る人も多いのではないでしょうか。

 

 

これは内臓に負担がかかってにきびが出来ているといわれていたり、暮らしぶりのリズムが崩れる事でにきびができています。

 

 

お酒を飲む場合にはめったにのみ過ぎないように注文して、飲んだ後、顔が皮脂まみれになっているようでしたら、顔を小まめに洗うなどしてにきび方策をしたほうがいいですね。

 

 

思春期のにきびの人にはめったに関係ないのですが、大人にきびとよばれる厄介なにきびには飲酒は大幅関係ありますから注意しましょう。

 

ニキビニキビと食生活の関係は?のトップページに戻る